ミヤログ.

名古屋在住フォトグラファーミヤタショウタのカメラや写真について考えるブログ。撮影内容や撮影機材について書いてます!

ライブフォトグラファーのカメラの選び方

新年あけましておめでとうございます!

久しぶりに実家でご老体の愛犬と過ごし、床のおしっこを拭きまくっていたミヤタです!
 
新ブログ立ち上げ!ということでまず最初の記事をどうするか悩んだのですが、やはりカメラ始めたいな…と思った時にまず悩むのが
 
どのカメラを買ったらいいの?
 
ってことだと思うのでそこをまずはお教えしたいと思います。

EOS 6DSIGMA 70-200mm F2.8
カメラはどれを買ったらいいの?
 
まずはカメラの種類を覚えましょう。

コンパクトデジタルカメラ (コンデジ)


 
 

レンズとボディが一体型のいわゆるデジカメです。

比較的廉価なモデルも多いですが、最近はハイエンドモデルも各社から出ていて画質に関して言えば一眼レフにも引けを取らないのも多いです。

ミラーレス一眼 (ミラーレス)


 
  Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M3
 

レンズとボディがセパレートされているタイプのカメラがいわゆる一眼と呼ばれます。

その中でレンズから入った光をファインダーへ送るミラーを省いたものをミラーレスと呼びます。
当然ミラーがないので撮影中の確認は液晶画面、またはEVF(electronic viewfinder)で行います。
 

ミラーレスと同じくレンズとボディがセパレートされていて、なおかつ光学ファインダーを備えるカメラがデジタル一眼レフと呼ばれます。

レンズから入った光をミラーで反射(レフ)し、プリズムを通して撮影像を確認するため一眼レフと呼ばれます。
 
ちなみにこの6Dは僕が今現在メインとして使っているカメラでもあります。
 
このほかにも中判、大判カメラなどほかにもありますが、一般的なカメラはこの3種類でしょう。

カメラにはそれぞれ向き不向きがある。
 
どのカメラ買ったらいいの?って質問に対しては正直スッと答えられないです。
何を撮りたいのか、どんなシーンが多いのか、予算は?
 
今の時代手を出しやすくなったのもあって、とりあえず一眼レフ買いたい!ってことで買って、そんなに勉強もしなくて重くて使いにくいからって理由で手放す人がおおいですよね。
まぁ個人の自由なんですけど安い買い物じゃないしそれじゃあお金がもったいないです。
 
それぞれのメリットデメリットは
 
コンパクトデジタルカメラのメリット
  1. 文字通りコンパクト
  2. 高倍率ズームが多い
  3. 音が消せる
  4. オート撮影機能が充実している
デメリット
  1. ボケづらい
  2. レンズが変えられない
  3. 構えづらいのでブレやすい
  4. 操作しづらい
ミラーレスカメのメリット
  1. 一眼レフに比べるとコンパクト
  2. レンズが変えられる
  3. マニュアル機能が充実している
  4. 音が消せる
デメリット
  1. 使うレンズによっては大きくなる
  2. 光学ファインダーがない
  3. 構えづらいのでブレやすい
  4. 操作しづらい
  1. グリップがしっかりしていて構えやすい
  2. 光学ファインダーがある
  3. センサーサイズが大きい
  4. 各ダイヤルが独立しているなど操作しやすい
デメリット
  1. 大きい、重い
  2. シャッター音がうるさい
  3. 威圧感がある
  4. オートモードがミラーレスやコンデジと比べると充実してない
細かく言えばまだまだありますがこんな感じでしょうか。
 
携帯性、静音性、操作性、画質面など自分の用途にあったものを選びましょう。
例えば運動会では一眼レフが大活躍だったとしても、静かな演奏会などでうるさいシャッター切っていたら周りから睨まれてしまいますから…(笑)
 
ライブフォトにはどれが向いてる?
 
さて、本題。
まぁこれは言わずもがなデジタル一眼レフでしょう。
僕のブログを見ている人たちはラウドロック好きが多いと思うのでそっち方向で話を進めます。
シャッター音がうるさくても演奏中ならほぼ問題無しですし、欲しい イメージに沿ってレンズを変えられるのも利点。
瞬間を切り取るという面では光学ファインダーと操作性が重要。
グリップしやすいのもブレ防止の点で利点ですね。
 
ちなみにデジタル一眼レフにはセンサーサイズの違いがあります。
主流なのはAPS-Cと35mmフルサイズと呼ばれる2サイズです。
 
 
どっちがいいか。
 
相対的に表したセンサーサイズ比較
 
僕がお勧めするのはフルサイズです。
センサーサイズが大きいというのは単純に言えば広く映る、光をたくさん写せるということです。
集光面積に関してはセンサーサイズと画素数の関係で変わってくるんですが、まぁ基本的にフルサイズの方が集光面積は大きくなるので、その分ノイズにも強くなります。
 
ライブフォトというのは基本的に暗い、光が常に変わる、被写体が動く、など写真としては劣悪な環境なので、それに対応できるボディ、レンズが望ましいです。
 
ですがフルサイズは高い…ボディだけじゃなくレンズも高いのです…。
余程の金持ちじゃないと一般の方にはポンと手が出せるものでもないハズ…。
そんな方はAPS-Cの一眼レフでも十分です。
 
一眼レフの最大のメリットはレンズを変えられること。
レンズ側の性能で補える部分もたくさんあります。

ライブフォト以外のカメラ選びでも、
とりあえず予算を決めて、何をどんな環境で撮りたいのか考えましょう。

Canon? Nikon? メーカーはどこを選べばいいの?

デジタル一眼レフを買う!と決めたはいいものの、まず迷うのはCanon , Nikonどっちを買えばいいの?って所だと思います。
その他のメーカーもあるにはあるのですが初心者にはまずお勧めしません。

なぜか。
  1. アクセサリーが少ない
  2. レンズが少ない
  3. 周りにユーザーがいない
  4. 情報が少ない
なのでまずはCanon , Nikonで考えましょう。
分かってきたらほかにも手を出せばいいと思います。
 
Canon , Nikonどっちがいいの?

どっちでもいいです。
 
基本的に初心者の段階で違いはわからないと思います。
一応違いを言っておくとCanonは白に強く、NIkonは黒に強い傾向があるそうです。
確かにブライダル関係ではCanonばかり見ますね。
あとAFについて、CanonはAF動作が早い分精度がイマイチで、NikonはAF動作は遅いですが精度が高いみたいです。
これだけを見るとCanonが動体撮影向き、Nikonが静物撮影向きといったところでしょうか。
でもNikonでライブフォトを撮ってる方もいますし、やはり自分のスタイルにもよるのでしょう。
 
ちなみに業界標準はまだCanonに軍配があがると思います。
 
あと、Canonは元々映像機器のメーカーですので映像に強い印象もあります。
Black Magic Designのカメラにもマウントが採用されていますね。
 
まぁ両社サードパーティ製のレンズもアクセサリーも充実しているので確実ですね。
これから使いたいレンズなども含めてメーカーを選ぶといいと思います。
せっかくレンズを揃えたのにメーカー移るからレンズ総買い直しなんてなると出費が…泣
 
ちなみに僕はNikonから初めてCanonに移った人間です。
後々、本格的に映像にも手を出したかったという点でCanonに移りました。
でもNikonで映像やってる方も居ますしね。

要は使いようです。
見た目に関してはNikonの方が好きだし、UIもNikonのほうが使いやすかった印象があります。

結果好みなんです。
操作性を含めて愛着が持てるかどうか。
しっかり悩んで買いましょう(笑)

長くなってしましましたがこんな所でしょうか。
みなさんの予算に応じた好みのものが見つかる手助けになれば嬉しいです。
 
次はレンズ選びに関しての記事も書こうと思います。
ちなみに一言言っておくと、僕はレンズキットを買うのはお勧めしていません。
 
これについてはまた詳しく。
 
読んでくれてありがとうございました!
ブログランキングに参加しています、面白かったら是非下記リンクをクリックしてね。
SNSのフォローも宜しくお願いします。



Photographer : ミヤタ ショウタ
 
 
Miyalog.は、[amazon.co.jp]を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。