読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミヤログ.

名古屋在住フォトグラファーミヤタショウタのカメラや写真について考えるブログ。撮影内容や撮影機材について書いてます!

Miyalog.

フリーランスフォトグラファーのミヤタが気ままに書くブログです。

Amazonのプライムフォトが容量無制限になったと聞いて試してみた!容量無制限にPSDも対応してた!?

ニュース

2016/1/21
Amazonのオンラインストレージサービス
Cloud Drive上のサービス、プライムフォトが開始されました。

今までAmazonプライムのサービスがパッとしなくて無料期間お試しにも二の足を踏んでいたのですが、今回せっかく30日無料体験もあるので試してみたいと思います。
今回僕がプライムフォトに食いついた点は

  1. 写真ファイルは容量無制限
  2. 容量無制限のファイルにjpegはもちろんのこと、RAWとTIFFが含まれる
  3. ¥3,900/年、つまり月額¥325で導入できること
です。
 
今現在僕はGoogle Drive の100GBプランを使っていて、1.99$=232円で100GBという制限があるんですよね。
仕事の写真だけでも結構な容量を使っていて常に容量一杯に近いです。
 
納品するデータだけをGoogle Driveに上げ、しばらく保管したあと、もう使わなさそうなデータからローカルのHDDに保存していました。
 
それが容量無制限になったら。
 
夢のようですね。
仕事で納品しおわった写真でも半永久的に保存できて万が一の時も対応できるし、今までクラウドに保存できなかったRAWデータもクラウドに半永久的に保存できる。
これで気兼ねなくMac内のデータも整理できるし、万が一の時はクラウドからRAWごと持ってくる。
 
その差額が100円切っているんです。移行しない理由がない。
 
ただし、容量無制限なのは写真データのみ。
動画や書類などのデータは容量制限があります。
初期設定で5GB、これは有料での追加プランがあります。
Google Driveは無料で15GBなので僕は併用していこうと思っています。
 
Amazon会員登録、プライム会員登録の手順については省略します。
 
プライムフォトの使用感。
 デスクトップアプリ 
 
 
基本的にデスクトップアプリはアップロードとダウンロードのみの管理のようです。
Google DriveのようにMac内にフォルダを作ったりはしないようです。
Google Driveのようにフォルダを作れるとLightroomからの書き出しなんかの時に紐付けできて自動書き出しもできるので便利なんですが。
それかこちらで指定のフォルダを作ってそれを自動バックアップしてくれる機能なんかがあると助かりますね。
アップロード自体は一気に6GBぐらいのフォルダでもバグもなくしっかりアップロードしてくれます。 

ダウンロードに関してはなぜか全てのファイルを一括ダウンロードするボタンしかないようです。
んー、一括ダウンロードする場面ってあるのかな?


スマホ用アプリに関してはAmazon PhotosとAmazon Cloud Driveというアプリがあります。

 Amazon Photos 

こちらはスマホ内の写真や動画を自動でアップロードしてくれるアプリですね。
 
自動アップロードされた写真をカメラロール感覚で見ることもできるので容量無制限でのバックアップにはいいのではないでしょうか。
その他のCloud Driveに保存された写真や、動画、ドキュメントファイルなんかは見れません。

 Amazon Cloud Drive 

こちらはCloud Driveを管理するアプリです。
こちらはCloud Driveを管理するアプリです。
Amazon Photosで自動バックアップした写真なども確認できますし、デスクトップからアップロードしたファイルも確認できます。
ガッツリ使う人はこちらでしょうね。
スマホ内の写真をバックアップしたいだけという方はAmazon Photosのほうが使いやすいです。

 ウェブアプリ 

 
Cloud Driveについて基本的にはブラウザからの管理が主なのかな。
基本的には他のオンラインストレージサービスと似た感じ。
一つ気になるのはサムネイルが小さいこと。
大きくできるのかな?
アップロード日時やサイズなんかより、膨大なファイルの中から目的の写真を探すにはサムネイル表示の選択肢も欲しい。
今のところ表示方法が選べないのは微妙な仕様。
マウスオーバーすると少しだけ拡大されるけどそれも少しだけ
しかもスクエア。ビミョーだな〜。

 
上の写真&ビデオのタブに切り替えると
こんな感じでスマホアプリと似たような表示になる。
こちらに切り替えるとスマホアプリのアルバムなどとも同期されるみたい。
普通に「すべて」の表示の時でもこれに近い表示にしてくれると写真探しも楽なのだけど。

 容量無制限対応フォーマット 

一通りアップロードしてみてひとつ気づいたんですけど …
容量無制限のファイル形式にTIFF、RAWが含まれることは知ってたのですが、
PSDも容量無制限でアップロード出来るっぽいですね。
これは嬉しい誤算でした。
数百MBになることも多いPSDも容量無制限でバックアップ出来るのは本当にありがたいです。

PSDも対応していると書いてる記事も見つからなかったのでアマゾンのサポートに聞いてみました。

アマゾンサポートから聞いた対応フォーマットは
JPEG , BMP , PNG , TIFF , RAW(一部)とのことでした。
ちなみにRAWに関してはNEF , CR2 , ARWの3つ、つまりNikonCanonSONYのRAWに対応するとのことでした。

でもPSDも容量無制限でバックアップできている…。

300MBを越えたpsdデータをバックアップしてある。
正式にサポートされていないDNGもバックアップ。

だが無料で利用出来る5GBのうち使われているのは500KB程度
つまり制限のかかる5GB内にPSD , DNGは含まれてないということ。
これは嬉しい!
アマゾンサポートの人も把握していなかったようでした。
これからこの仕様が変わる場合もあるのか聞きましたがそこはお答えできませんと。

でもPSDデータが容量無制限なのは嬉しいと伝えたところ、技術部門にその旨を伝えてこれからの参考にさせていただきますとの返事をいただいたのでこれからもこの仕様が続くことを願ってます。

これから正式な対応フォーマットが増えていくかもしれませんね!
期待しています、アマゾンさん。

やはり写真のバックアップとしては今の所最強ではないでしょうか。
使い勝手はGoogle Driveに慣れてるせいかむず痒いところもありますがそこもそのうちなんとかなるでしょう。

このブログの最初にアマゾンプライムサービスが微妙で…
と書いてますが、プライムビデオもプライムミュージックもイマイチライナップが少ないんですよね。
でもそもそも月¥325でこのクラウドストレージだけでも価値があるのにそこに映画、音楽なんかがついてきたらこれはもうアマゾンの勝ちじゃないですか!(笑)

神サービスですよ、ほんと。

カメラマンなら利用しない手はないです。
一眼ユーザーが増えてる昨今一般の方でもマシンの負担にならなくなればもっと写真を撮る機会も増えるのかなと。

このサービスが改悪されないことを祈るばかりです(笑)

さて、プライムミュージックで音楽を聴きながらブログも書き終えたし、バックアップを移行しながらプライムビデオで映画でも見ましょうかね。
素晴らし。



ブログランキングに参加しています、面白かったら是非下記リンクをクリックしてね。
SNSのフォローも宜しくお願いします。



Photographer : ミヤタ ショウタ
 
 
Miyalog.は、[amazon.co.jp]を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。